最新医療について

ホーム > 最新医療について > インプラント(人工歯根)

インプラント(人工歯根)

インプラント(じんこうしこん)とは、歯の欠損したあと、歯の機能を代用させる目的で顎骨に埋め込む人工的な物質(現在ではチタンが多く使われる)。一般にインプラントという。人工歯根上に義歯をかぶせる治療を、インプラント治療と呼び、ブリッジや入れ歯と違って、周囲の歯に負担をかけないため、インプラント治療を受ける人は近年増加している。
インプラント治療にはしっかりした顎骨が必要なため、歯周病などで歯槽骨が破壊されている人は、顎骨のほかの部分や、腰などから骨を移植して、人工歯根を埋め込む土台となる骨を構築する手術が必要となる。骨髄に含まれる幹細胞からの歯槽骨再生も一部で実用化されている。

人工歯根のメリット

  • ‥形鎧のように顎の骨に固定するので、違和感がなく固いものを噛むことができるようになる
  • ⇔戮了を削る必要がなく、他の歯に負担をかけない。
  • 8た目が天然歯に近い。

人工歯根のデメリット

  • 〇槽骨を切削する必要があり、稀に術後の後遺症を起こすことがある。
  • ∩歓伴栖気ある場合には治療できない場合がある。
  • 9から体外に直結する構造のため、天然の歯周組織と比べやや感染の危険性が高くなる。従って人工歯根を維持するためには、口腔衛生の管理と定期的な検診が必要となる。
  • て本では健康保険の適用対象外であり、自由診療(保険外診療)となるので多額の治療費がかかる。

インプラントの大きな欠点として骨性癒着しているというメリットそのものが欠点であることを忘れてはならない。天然歯は骨のなかにハンモック状に吊 されており、生理的に動揺するだけでなく継続的に弱い力が加われば移動する。ブリッジの支台とする場合などは多かれ少なかれこのアソビを利用しているわけ だが、インプラントにはアソビもなければ、塑性変型もない。このため長期的にみると周囲の天然歯との位置関係の不調和,関節などアゴ全体の不調和の原因と なる可能性が否定できない。

インプラント(人工歯根) 写真1
インプラント(人工歯根) 写真2

人工歯根の歴史

失った歯を材料で補う治療法は古くから行われてきた。上顎骨に鉄製のインプラントが埋まった紀元2世紀から3世紀の古代ローマ時代の人骨が発見されており、このことはすでにインプラント治療が行われていたことを示している。日本においても16世紀の木製の総義歯が残っており、すり減り具合からこの義歯が長年使用したことが推測されている。
1952年スウェーデンのプローネマルクによって、チタンが骨と結合することが発見され、しっかりと骨に結合するインプラント治療が可能になった。動物実験を経て、1962年から人間にインプラント治療が行われるようになった。その後、骨再生誘導療法などが開発され、歯槽骨の再生により、多くの患者に適合するインプラント治療が可能になった。

人工歯根の課題

現在でも骨組織の再生はある程度できるが、天然歯の歯根の周りにある歯根膜を再生することができない。歯根膜は噛む力の感知の役割を果たす感覚器でもあり、歯根膜のない人工歯根は、咬合機能圧に対する挙動が本来の歯のものとは異なっている。そのため、適用範囲がある程度限られたり、天然歯とインプラントを長期に並存させようとする場合に不具合が生じることがあり、歯周組織の再生が待ち望まれている。
ローマ時代の鉄製インプラントに比べれば、現在のチタン製インプラントは生体適合性も強く格段に優れているといえる。しかし、治療法として人工材料を埋め込むという基本的な手法は同じであり、天然歯の機能を完全に代替することはできない。将来は再生医療の進歩により歯根の再生が可能になるといわれている。
インプラント治療は現在の日本においては健康保険の適用外であり、多額の医療費が患者負担となるが、医療機関によっては、高度先進医療制度の対象となることもある。

 
 

↑このページの先頭