ホーム > ホームページの基礎 > サーバーについて > レンタルサーバーとプロバイダの違い

サーバーについて

レンタルサーバーとプロバイダの違い

どちらもメール、ホームページともに持つことができます。では、どこが違うのでしょう・・・。

プロバイダーは、本来インターネット接続の業者です。レンタルサーバーの業務も兼ねるところが多くあります。ただし、本来の業務ではないので、
 ・メールアドレスの数が少ない。(1つしかない)
 ・自由な名前のメールアドレスが使えない。
 ・ホームページのアドレスが長くてわかりづらい。
 ・ホームページのサイズが小さい。
 ・cgiが使えなかったり、設定や使用法に制限が大きい。
 ・価格が割高になる。
 ・ドメインが使えない(割高) などの欠点があります。

それはプロバイダがもともとホームページやメールの専門業者ではないからです。 そこで、ホームページやメールを本格的に使用するさいには、レンタルサーバーを使用するのが一般的です。
※その代わり、レンタルサーバーでは、インターネット接続はできません。つまり、プロバイダとレンタルサーバーの両方との契約が必要です。
※プロバイダはISP(Internet Service Provaider)とも呼ばれます。

rensav-provider_01.jpg


↑ページトップへ