ホーム > ホームページ構築のポイント > 「商品価格」と「問合せ手段」のわかりやすい表示

「商品価格」と「問合せ手段」のわかりやすい表示

“いくらなんだ!”まずは値段が知りたい!!

cost_man_01.jpg
ホームページで商品やサービスを紹介する場合、価格提示はできるだけ“すぐわかる”ようにしてあげましょう。商品やサービスの種類にもよりますが、できるだけトップページ、もしくはワンクリック以内で「価格」を提示するのが良いと思います。ユーザーが知りたいことはなんと言っても“いくらなのか”ということです。まずは“価格を確認したい”という欲求を早めに満たしてあげることが大切です。価格を確認した上で、その商品やサービスがどのようなものなのかをじっくり、詳細に調べていきます。商品価格を明確に知らないで、商品内容を吟味するユーザーはごくごく少数です。通常、ユーザーは“感覚的”に独自の「予算枠」を持っています。大多数のユーザーは、値段を確認するまでは“落ち着かない”ものです。見積もりが必要で、価格をハッキリ明示できないサービスの場合でも、大体の目安を教えてあげる配慮があったほうが良いと思います。

“感覚的”にもっている予算枠

yosan_woman_01.jpg
例えば、お店で洋服を買うときも、商品を手にとって、まずは値段を確認します。確かめないで購入する人は少数派です。値札を見て「ああ高いから無理だな」とか、「おっ!安い。お買い得だな」、「まあ、こんなものだろう」と瞬間的に各々が“感覚的”にもっている予算枠に照らし合わせて判断し、それからサイズの確認、似合うかどうか、実際の履き心地やシルエットなどを確かめます。それから購入の決心をします。

ホームページビジネスの“正統派セオリー”

テレビショッピングのように、商品の繰り返し説明によって、購買意欲の“盛り上がり”と“お買い得感”をまずは延々とつくり出していき、最期に価格を提示する「値段あと出し効果」というものもあります。これは複雑な心理効果による“販売テクニック”であり、一般的なホームページビジネスへの応用は、よくよく吟味するべきだと考えます。 あくまでも一般論になりますが、ホームページビジネスの“正統派セオリー”として、わかりやすく、明快な「価格表示」は非常に大切であるということをご認識いただければと思います。


ページトップへ

「質問アクション」を促す親切なつくり

続きまして、ユーザーが商品に興味を持ち、もう少し詳しく商品内容やサービス内容を知りたい時、ユーザーからの「質問アクション」に対応したサポート体制を、ホームページ上に用意しておくことが重要です。問い合わせをしたいときにユーザーが取る行動は、大きく2つあります。ひとつは直接「電話」をかける。もうひとつは「メール」で質問する。この2つのアクションに対して、トップページにわかりやすく「電話番号」「お問合せフォーム」を用意しておくことは必須です。


ページトップへ

電話番号を目立たせる!

tel_man_01.jpg
電話番号はメニュー項目上に、またはヘッダ(HPの一番上の目立つスペース)上に大きく、わかりやすく掲載しましょう。もし全国のユーザーを対象とするサービスなら、なるべく“フリーダイヤル”の取得をオススメします。地方局番から始まる一般の電話番号とフリーダイヤルとでは、ユーザーが質問アクションを起す際、サービスに対する信頼感や、金銭面での“心理的障壁”の大きさ(気楽さ)がまったく異なります。全国サービスを本気で考えるのであれば、フリーダイヤル取得はぜひご一考されたほうが良いと思います。


ページトップへ

メールフォームは目的別で!

mail_open_03.gif
またメールでの質問を受ける場合、あらかじめ質問項目を準備した「メールフォーム」  をつくっておくと、ユーザーも入力がスムーズのなりますので親切です。実際、「お問合 せ」というメニューボタンをクリックすると、Outlookなどのメールアプリケーションが立ち上がる“リンク”だけのホームページもたくさんあります。ホームページを用意する側は楽ですが、ユーザーは質問の「件名」「質問内容」などを、ひとつづつ文章として入力しなければなりません。入力するユーザーは“億劫さ”を感じてしまいます。まずは質問してもらうことが目的ですから、できるだけユーザーの労力を排除してあげるためにも、目的別に考えられた「メールフォーム」を用意することをオススメします。 ホームページビジネスを活性化するためには、上記のようなひとつひとつの細かい配慮が非常に大切なのです。


ページトップへ


ビジネスブログで更新簡単ホームページ制作【ビズブロ・ドットコム】