ホーム > ホームページ構築のポイント > 「キャッチコピー」や「見出し」に心遣いを

「キャッチコピー」や「見出し」に心遣いを

思わず買ってしまう!キャッチコピーの「力」

tikara_01.jpg
書店などで雑誌や書籍を何気なく読んでいて、思わず「コピー」や「見出し」に惹かれて、その本を買ってしまった経験は皆様にもあると思います。その「コピー」や「見出し」がなければ、読み飛ばしていたかもしれませんが、たった1〜2行程度のセンテンスによって、実際に買いたくなる衝動が起こってしまいます。

これはホームページ構築でも非常に大切なポイントになります。新しい情報を追加していくとき、コンテンツごとに「コピー」「見出し」をきちんと付けることはとても重要です。

「見出し」があるとわかりやすさ倍増!

この項目では、魅力ある「コピー」や「見出し」をつくるための“テクニック”を紹介をする前に、ホームページに新しい情報を追加する際、本文の前に「見出し」を必ず入れる“クセ付け”について書きたいと思います。これを確実に実行するとホームページの“わかりやすさ”が格段に違ってきます。

引きの強い魅力的な「コピー」や「見出し」をつけることはとても重要で、そのようなテクニックやセンスを身に付けるための良書もたくさん出ています。このホームページ内でもそのテクニックについて、折をみて触れていきたいと考えています。

wakariyasusa_01.jpg
実際、プロが制作しているであろうホームページを見ていて感じるのですが、意外と「コピー」や「見出し」に気を配っていないホームページも目にします。新しいページをクリックしたときに、目に飛び込んでくる「コピー」や「見出し」があるのと、ないのとではその先に読み進む意欲に大きな影響を与えることは間違いありません。「コピー」や「見出し」がある場合、それを読むだけで、そこに書かれている内容を想像することができます。ユーザーにとって興味のない内容であれば、読み飛ばしていただいても構いませんし、反対に読み進んでから、「関係のない情報だった」とガッカリされるよりもずっと親切です。ホームページ全体の信頼感を生み出すポイントの一つに、本文の前には必ず「コピー」や「見出し」をつけるということを力説したいと思います。


 ページトップへ


中小企業ホームページは自分たちで成長させるもの

staff_01.jpg
「なんだ。そんなこと当たり前だよ」と思われる方はどうぞ読み飛ばしてくださっても結構です。もともとこのページの趣旨はプロの方に向けた内容ではありません。中小企業が「自社でホームページを成長させる」にはどうしたら良いのか、ということが主題です。これから始める素人の方たちにも理解ができ、なおかつプロに頼む必要がなくなる、そんな「ホームページ制作」のポイントに焦点をあてた内容にしたいと考えております。初めは誰でも素人です。少しづつ学んでいくことにより、中小企業のホームページビジネスは「自分たちで構築していくもの」と皆様に感じていただければ幸いです。


 ページトップへ


ホームページの「3秒ルール」

sekkati_01.jpg
ホームページのユーザーは非常に“せっかち”です。そのページに自分の求めている情報があるかどうかは一瞬で判断します。それは3秒程度とも言われています。3秒で判断されてしまうのであれば、いかに効率よく内容を伝え、その先に読み進んでもらうかが勝負の別れ目になります。いくら良い内容の情報を公開していても、この「3秒ルール」を無視した情報デザインでは、その内容は伝わりません。 その効率をあげるために、「コピー」と「見出し」の必要性をご理解ください。


次のコンテンツを読む→トップページでは“セールスポイント”をわかりやすく!



ページトップへ


ビジネスブログで更新簡単ホームページ制作【ビズブロ・ドットコム】