TOP > ビジネスブログってなに?

1. そもそもブログとは何なのでしょうか?

ブログって何?

そもそも「ブログ」とは何なのでしょうか。一般に言われている「ホームページ」とはどこが違うのでしょうか。まずはそんな皆様の疑問にお応えします。

ブログとは「ウェブログ(weblog)」の略称で、あくまでもホームページの”ひとつの形態”です。"webをlogする"という意味でweblogと名付けられました。

一目で定義するにはその意味があまりにも広いのですが、一般的には時系列で並べられた記事と、それに関するコメントが定期的に更新されるようなサイトのことです。

日本で「ブログ」が話題になり始めたのは、2002年の春頃です。そして2003年の12月に、@niftyが会員向けブログサービスの提供を始めてから、一気にブレイクしました。ブレイクしたということは、そこに何か大きな理由があるはずです。

ブログのいいところ

ブログを利用する最大のメリットは簡単にページを追加できることです。エディタやHTMLを記述して、FTPソフトでサーバにアップロードするといった面倒な作業をする必要はありません。ページを追加するには、ブログツール上で文章を書いて保存すれば良いだけです。それで、自動的にページが追加されます。

またブログシステムで制作されたホームページの基本構造が、検索エンジンが理解しやすい構造になっていることや、トラックバック機能などで、読者からのコメントやフィードバックを得やすいため、外部リンクが増えるなどの理由から、検索エンジンに発見されやすい、つまりSEO効果が高いという利点があります。そのようなことから、従来型のホームページと比べると集客が容易であることも、大きなメリットといえます。

ブログシステムにはページを追加する度にお知らせを配信するRSS機能があり、RSSリーダに登録されているユーザへはサイトの最新情報をいち早く提供でき再訪率もアップします。

▲トップへ

2. 普通のホームページとはどこが違うのでしょうか?

ブログとホームページどこが違うの?

ブログはほとんどホームページの技術知識がない人でも、ボタンをクリックするだけで、「クオリティーの高いデザイン」されたホームページを、簡単につくることができます。極端な話、メールの送受信しかできない社長さんでも、自分でホームページを制作することが可能なのです。

自分のサイトを誰でも簡単に、パソコンのブラウザー上から更新できる「便利なシステム」で作られるホームページのひとつがブログとお考えください。この便利なシステムの総称をコンテンツマネージメントシステム(CMS)と言います。

ブログじゃなきゃだめなの?

通常ホームページを制作する場合、企業ならば専門の制作会社に依頼することになると思います。ホームページを制作するための、初期費用とともに、日々の情報をホームページに載せていくための更新費用がかかってきます。頻繁にホームページの更新を行うと、1年でウン十万から百万円以上の費用がかかるケースも決して少なくありません。投資額に見合ったリターンが期待できるホームページは別にして、この「更新のための費用」がネックとなり、ほとんど更新されないホームページや、されても年に数回程度の更新頻度で、結局は訪問社ばなれをおこす大きな原因となっているケースも多々あるようです。

その点、ブログの場合、安価に自由にいつでも更新・変更が可能です。

  1. ホームページ制作後の更新コストは不要 ― 毎日更新しても更新費用は0円。
  2. 思い立ったら、3分で更新可能 ― 新しい情報をすぐに発信できます。
  3. 目次の設定も自由に変更可能 ― 商品ごとの導入事例から社長日記まで多種多彩です。

▲トップへ

3. では一体ビジネスブログとは何なのでしょうか?

ビジネスでブログを使うとどうなる?

ビジネスブログとは、この安価なブログシステムを、企業ホームページ制作に”活用”することで「いつでも、誰でも、簡単に」更新することができるようにするソリューションです。ブログを単なる日記システムではなく、コンテンツマネージメントシステム(CMS)としてとらえ、企業ホームページの更新性を改善し、情報発信の健全化を実現します。

「発信したい情報を、発信したい瞬間に、限りなく低コストで、発信することができる」

ビジネスへのブログ活用の最大のメリットは、要約すると上記のようなものになると思います。

「最新の情報をすぐに発信!」が基本です。

ビジネスにおいて、情報発信は重要な要素です。新しい情報を新しいうちに配信することで、自社ホームページの価値を何倍にも向上させることが可能になります。

またビジネスブログの特徴として、作成されたコンテンツは「日付の順番」に並びます。企業での利用を考えた場合は、日付順に並ぶコンテンツであれば、「顧客サポートの履歴」や、「開発状況のレポート」といった情報アーカイブとして、様々な用途に使うことも可能です。

▲トップへ